連載30周年を迎えた「まる子」が猫に!? 新デザイン「ちびまる子にゃん」 今秋デビュー

main_c

 『ちびまる子ちゃん』のライセンスを管理する日本アニメーション株式会社は、同作が今年連載30周年を迎えたことをきっかけに、20代~30代の「大人女子」層をメインターゲットにした新デザインシリーズ「ちびまる子にゃん」を発表いたします。

FNS系列のチャンネルで毎週日曜18時から放送しているアニメ以外の接点として「キャラクターグッズ」の展開を広げ、『ちびまる子ちゃん』をより身近に感じていただくことが狙いです。

主人公のまる子が昼寝好きで、アニメ第751話「『まる子、猫になりたい』の巻」というエピソードもあることから、まる子たちが猫に扮した新デザイン「ちびまる子にゃん」が誕生しました。いつもの『ちびまる子ちゃん』の世界とは異なるスピンオフシリーズで、架空の「にゃんワールド」で過ごす「まるにゃん」「たまにゃん」「花輪にゃん」「野口にゃん」「永沢にゃん」「みぎわにゃん」「丸尾にゃん」を描き起こしました。

chibimaruko

今秋より順次商品化が決定しております。商品詳細はプレスリリースにて後日改めて発表いたします。

■「ちびまる子にゃん」について
架空の「にゃんワールド」で過ごす「まるにゃん」「たまにゃん」「花輪にゃん」「野口にゃん」「永沢にゃん」「みぎわにゃん」「丸尾にゃん」たちの、のんびり楽しい日常をデザイン化した新シリーズ。
それぞれのキャラクターのモチーフとなっている猫も、お友だちとして一緒に登場します。
今秋より順次商品化が決定しております。

chibimaruko02 chibimaruko03

■「ちびまる子ちゃん」について
【作品紹介】
静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)を舞台に、そこに暮らす一家・さくら家の次女である小学3年生のまる子(さくら ももこ)と家族、友だちとの日常を、楽しく面白く、時に切なく描いた心温まる作品。
コミックスは現在16巻まで発売中、発行部数は累計3,200万部。

【歴史】
1986年7月  「りぼん」(集英社)8月号にて連載を開始
1990年1月  テレビアニメシリーズ放映開始
(最高視聴率39.9%、平均視聴率15.3% ※いずれもビデオリサーチ調べ 関東地区)
2015年1月  テレビ放映25周年
2015年12月 『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』公開
2016年7月  連載30周年

【インフォメーション】
「アニメ」以外のタッチポイントを増やすべく、「ロック」なまる子たちのLINEスタンプ(2016年6月9日より発売中)などこれまでにはなかったデザイン展開にチャレンジしています。

当サイトの記事、およびイラスト、写真の無断転載は禁止です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

バナー原稿imp

おすすめにゃん

  1. mantaro3
    【♪万太郎ちゃんのご家族より♪】 おやつ待ち〜 ワクワク ⇒ 万太郎ちゃんのTwitte…
  2. musashi
    【♪Musashiちゃんのご家族 anzu ‏さんより♪】 2015.4.21生のMusashi♂…
  3. unitaro01
    【♪うにたろーちゃんのご家族 よーこ@1-10さんより♪】 蝶ネクタイにゃんだぞ ⇒ うにた…
  4. hosaku
    【♪豊作&諭吉&金太郎ちゃんのご家族 猫らぶ一家の末っ子金太郎です さんより♪】 豊作(ほうさく♀…
  5. police
    【きち&にこ&社長ちゃんのご家族 そらにゃん さんより】 やっと手に入れました(*≧∀≦*)我が家…

ピックアップ記事

  1. wine
    大人の猫好きさんなら一度はお酒売り場で見かけたことがあるお酒。 かわいい黒猫のエチケット(ラベル…
  2. kabukinyantaro
    松竹×サンリオ歌舞伎のPRキャラクター「かぶきにゃんたろう」を共同開発 松竹株式会社と株式会社サン…
  3. koneko
    春を迎え、子猫ちゃんを家族に迎えるかたもいらっしゃるかと思います。 子猫ちゃんはとにかく好奇心旺盛…
ページ上部へ戻る