猫の換毛期シャンプー対策!苦手な子をケアする方法とは?

モグニャンキャットフード
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

猫の換毛期は、飼い主にとって毛のケアが欠かせない時期です。特にシャンプーが苦手な猫にとっては、しっかりとしたアプローチが必要です。この記事では、「猫の換毛期シャンプー対策」をテーマに、シャンプーの重要性から水嫌いの猫への対処法、効果的なシャンプー方法や製品紹介、さらにはシャンプー後のケアまでを詳しく解説します。猫の健康と快適な生活をサポートするための情報をお届けしますので、ぜひご覧ください。

1. 猫の換毛期におけるシャンプーの重要性

猫の換毛期は、猫の被毛が冬毛から夏毛、またはその逆に替わる時期を指します。この時期、猫の被毛の量は大幅に増減することから、シャンプーが非常に重要となります。シャンプーを適切に行うことで、猫の健康を保つだけでなく、毛球症や皮膚病の予防にもつながります。そのため、飼い主は換毛期に定期的なシャンプーとブラッシングを心がけることが大切です。

1.1. 換毛期のブラッシングと毛球症の予防

換毛期におけるブラッシングは非常に重要です。猫は自分の毛を舐めて手入れをしますが、これにより大量の毛を飲み込んでしまいます。この毛が胃や腸で固まり、毛球症を引き起こすことがあります。毛球症は、消化不良や吐き気、便秘などの症状を引き起こします。したがって、定期的なブラッシングを行うことで、毛の摂取を減らし、毛球症を予防することができます。また、ブラッシングは猫の皮膚の健康を保つためにも重要です。古い毛を取り除くことで、新しい毛の成長を促し、皮膚への負担を軽減します。ブラッシングとシャンプーの併用は、猫の健康維持に欠かせない手段です。

1.2. 皮膚病予防のためのシャンプー

適切なシャンプーは、皮膚病予防において非常に有効です。猫の皮膚は繊細で、雑菌やアレルゲンに触れることで容易に炎症を起こします。特に、換毛期には皮膚のバリア機能が低下しやすいため、シャンプーによる清潔保持が必要です。シャンプーを通じて、猫の皮膚を清潔に保つことが重要です。また、皮膚の油分バランスを整える効果もあります。適したシャンプーを選び、定期的に使用することで、皮膚病の予防ができます。さらに、シャンプー時には猫の全身をチェックできるため、早期発見の機会にもなります。健康維持のために、定期的なシャンプーを習慣にしましょう。

1.3. アレルギー対策としてのシャンプー

シャンプーは、アレルギー対策にも役立ちます。猫は様々なアレルゲンに曝されることがあり、それが皮膚や被毛に付着してしまいます。アレルゲンの付着は、猫だけでなく飼い主にも影響を与えることがあります。適切なシャンプーを行うことで、皮膚や被毛に付着したアレルゲンを洗い流し、猫の健康を守ることができます。また、アレルギー症状の軽減にも寄与するでしょう。特に、アレルギーを持つ飼い主には、猫の清潔を保つことが重要です。定期的なシャンプーを通じて、アレルギー対策を進めていきましょう。猫と飼い主の健康を両立するために、シャンプーは欠かせないケア方法です。

2. 猫がシャンプーを苦手な理由とは

猫がシャンプーを嫌がる理由は主に三つあります。まず、猫は水に対して強い苦手意識を持っているからです。これは野生の猫が乾燥地帯で進化してきたため、自然環境に水がないことが原因です。次に、猫の体は自浄能力が高く、頻繁なシャンプーを必要としないためです。最後に、シャンプーの匂いや質感が猫にとってストレスになるからです。

2.1. 水嫌いの猫に対するアプローチ

猫が水を嫌う理由は進化上の背景に起因しています。そのため、猫に水を馴染ませるには少しずつ慣らすことが大切です。例えば、お風呂場で遊ぶ時間を徐々に増やして、水を少しずつ加えます。この方法は、猫が水に対して習慣的にポジティブな経験を積むことが重要です。また、猫の好きなオモチャを使って水に誘導するのも有効です。猫が自然に水を楽しむようになれば、その後のシャンプーが容易になるでしょう。

もうひとつのアプローチとしては、猫専用のシャンプーを使用することが挙げられます。香りや成分が猫に優しいものであることがポイントです。これにより、シャンプー自体が猫にとって嫌な経験ではなくなります。ゆっくりと時間をかけて、猫が安心できる環境を整えることも大切です。焦らずに少しずつ、猫が慣れるペースで進めていきましょう。

2.2. シャンプーに慣れるためのステップ

まずは猫をシャンプーに慣れさせる方法として、ブラッシングから始めます。猫はブラッシングを通じてリラックスし、次のステップに進みやすくなります。次に、湿らせたタオルを使って身体を軽く拭いてあげる方法です。この段階で猫が水に対して少しでも慣れることが重要です。最初は短時間で済ませ、その後少しずつ時間を延ばしていきます。

次のステップは、お風呂の中に少しだけ水を張り、猫を軽く浸けることです。この際には、猫をリラックスさせるために静かな環境を整えると良いです。また、猫がパニックにならないように優しく声をかけながら行いましょう。最後に、実際にシャンプーを使用します。猫専用のシャンプーを使い、手早く、しかし丁寧に洗い上げます。焦らず猫のペースに合わせることが鍵です。

2.3. リラックスを促す環境作り

猫がリラックスできる環境を作ることは、シャンプーを円滑に進めるために不可欠です。まずは、リラックスできる音楽を流すことや、静かな場所で行うことが重要です。また、猫が安心できるタオルや布を用意すると良いです。これにより、猫は自分の匂いで安心感を覚えます。

次に、部屋を暖かくしておくことも重要です。寒いと猫がリラックスできないため、快適な温度を保つようにしましょう。シャンプーを行う際には、飼い主自身もリラックスした状態でいることが大切です。猫は飼い主の緊張を感じ取りやすいので、飼い主が落ち着いていると猫も安心します。全ての準備が整ったら、ゆっくりとシャンプーを始めましょう。

3. 長毛種と短毛種の違いに応じたシャンプー方法

長毛種と短毛種の違いに応じたシャンプー方法は、それぞれの毛質に合わせて変えることが大切です。長毛種は毛が絡まりやすいため、適切なシャンプー選びと丁寧なケアが必要です。一方、短毛種は皮膚が露出しやすいため、敏感肌に対応したシャンプーを使用することが望ましいです。両者に共通するのは、シャンプー後のしっかりとしたすすぎと適切な乾燥方法です。これにより、健康的な被毛と皮膚を維持することができます。

3.1. 長毛種のシャンプーのポイント

長毛種のシャンプーにおいて重要なのは、まず毛の絡まりを防ぐために事前にブラッシングを行うことです。これによって、シャンプー中に毛がさらに絡まるのを防ぎます。その後は、適量のシャンプーを使って優しく洗い、毛の根元までしっかりとシャンプーを行います。シャンプーの後は、丁寧にすすぎをしてシャンプーが残らないようにします。そして最後にタオルで水分を拭き取り、ドライヤーで完全に乾かします。このとき、ドライヤーの風速は低めに設定し、毛の流れに沿って乾かすことがポイントです。

3.2. 短毛種のシャンプーのコツ

短毛種のシャンプーは、まずシャンプー前に軽くブラッシングして被毛と皮膚の準備を整えます。その後、皮膚に優しい敏感肌用のシャンプーを使用し、優しく泡立てながら全身を洗います。短毛種は皮膚がデリケートなので、あまり強くこすらないように注意します。シャンプーを十分にすすぎ、洗い残しがないように気をつけることが大切です。シャンプーの後はタオルでしっかりと水分を拭き取り、その後は自然乾燥か、低温のドライヤーで乾かします。短毛種の被毛は乾きやすいので、短時間で完了します。

3.3. 両者に共通する注意点

長毛種と短毛種のシャンプーでは、いくつかの共通する注意点があります。まず、シャンプー中に水が耳や目に入らないようにすることが重要です。さらに、シャンプー後はしっかりとすすぎを行い、シャンプー残りが皮膚にトラブルを引き起こさないようにします。また、シャンプーの頻度にも注意を払うことが必要です。頻繁なシャンプーは被毛や皮膚を乾燥させることがあるため、適切な間隔を守ります。正しいシャンプー方法を守ることで、健康的な被毛と皮膚を維持することができます。

4. 泡タイプシャンプーを使った効果的なケア

泡タイプシャンプーを使った効果的なケアは、髪と頭皮にやさしく、しっかりとした洗浄力を持っています。泡タイプシャンプーは、泡状で出てくるため、摩擦が少なく、髪に負担をかけにくい特徴があるのです。そのため、敏感な頭皮やダメージヘアにも適しています。また、泡立てる手間が省けるので、手軽に使うことができるのも大きな利点です。

4.1. 泡タイプシャンプーの特徴と利点

泡タイプシャンプーの最大の特徴は、その最初から泡状で出てくる点です。この泡はきめ細かく、髪や頭皮に均一に広がります。その結果、塗布の際に摩擦を最低限に抑え、ダメージを減らすことができます。さらに、泡が毛穴の奥深くまで届きやすく、汚れや皮脂をしっかりと洗い流すことが可能です。リンスインシャンプータイプも多く、時間がないときでも手軽に使うことができます。

また、泡タイプシャンプーは、爪や指先でゴシゴシこすらなくても、軽いマッサージで頭皮全体をきれいにすることができます。そのため、頭皮の乾燥やかゆみを防ぎやすく、敏感肌の方にも適しています。さらに、泡のきめ細かさが心地よい使用感を提供し、リラックス効果も期待できるのではないでしょうか。これらの特徴と利点により、泡タイプシャンプーは日常のヘアケアに非常に有用なのです。

4.2. 使用方法の具体的なステップ

泡タイプシャンプーの使用方法はとても簡単です。まず、髪と頭皮をぬるま湯で十分に湿らせます。次に、シャンプーを手のひらに取ります。泡タイプなので、手のひらに適量の泡を取りやすいです。その後、泡を髪全体に広げるように柔らかくマッサージするように洗います。指の腹を使って、頭皮を優しくこすり、汚れと皮脂をしっかりと落とします。

続いて、しっかりとすすぐことが重要です。泡が残らないように、ぬるま湯で十分に洗い流してください。特に、髪の根元や後頭部はすすぎ残しが多いので注意が必要です。最後に、タオルで軽く押さえるように水分を取り、ドライヤーで乾かす準備をします。ドライヤーを使う際は、髪にダメージを与えないように、風を頭皮から少し離して使うことがポイントです。これらのステップを守ることで、泡タイプシャンプーの効果を最大限に引き出せるでしょう。

4.3. 泡タイプシャンプーのおすすめ商品

泡タイプシャンプーの中でも特におすすめの商品をいくつか紹介します。まず一つ目は、自然派成分を使用している「INOPET 水を使わない肉球のための泡シャンプー」です。こちらの商品は、100%植物由来の洗浄成分で足裏の汚れや菌を洗浄してくれます。水なしでサッとふき取るだけでOKなので水が苦手な猫ちゃんの軽いシャンプーにもおすすめです。

次におすすめするのは、「ラクソープ」です。この商品は、水で流さないタイプのウォーターレスの泡シャンプーです。
おさんぽ後の足裏の簡単な部分洗浄や、全身の洗浄に気軽に洗えます。また、洗い流し不要なので、寝たきりになったシニアの介護や、レジャー時の強い味方です。洗浄力は通常のシャンプーにはかないませんが、ペットの負担を軽減するためにも、うまく使い分けると便利なシャンプーです。

5. 徐々に慣らす方法でシャンプーを快適に

シャンプーが苦手な子どもやペットには、徐々に慣らす方法が有効です。一度に全てを完了させようとせず、段階を踏んで少しずつ慣れてもらうことで、ストレスを減らし、シャンプーを快適にしていきます。リラックスした状態でシャンプーを行うことが大切です。まずは遊びを通じて、シャンプーの環境に慣れさせることから始めてみましょう。次のステップも重要です。

5.1. 最初のステップとしての遊びの活用

最初のステップとして、シャンプーを楽しいものにするために遊びを活用します。例えば、お風呂場でおもちゃを使って一緒に遊ぶことで、子どもやペットはお風呂場を楽しい場所と感じるようになります。シャワーの音にも慣れてもらうため、まずは水を使わない遊びから始めると良いでしょう。

慣れてきたら、少しずつ水を使ってみましょう。手や足に軽く水をかけることで、徐々にシャンプーの準備ができます。楽しい体験を通じて、お風呂場に対する抵抗感を減らすことが目標です。そのためには、スキンシップや褒めることも必要です。

また、短時間のシャンプーを繰り返すことで、よりスムーズに慣れさせることが可能です。実際にシャンプーをする前に、濡れることに対してポジティブなイメージを築くことが重要です。このアプローチが成功する鍵となります。

5.2. 短時間シャンプーから始める

シャンプーを始める際には、短時間から始めることがポイントです。初めてのシャンプーは、数分程度で終えるようにしましょう。あまり時間をかけすぎると、子どもやペットにとって負担が大きくなります。シャンプーを手早く終え、すぐに遊びやご褒美に移ることで、良い経験として記憶に残します。

シャンプーの間中、優しく声をかけてリラックスさせることも大切です。水がかかることや、シャンプー自体に慣れることが目的なので、細かいことにこだわらず、次回にステップアップするつもりで進めましょう。

短時間のシャンプーに成功したら、次第に時間を延ばしていきます。徐々に慣れてくると、シャンプーが楽しい時間になるでしょう。無理をせず、段階を踏んで進めることが重要です。これにより、シャンプーが嫌なものではなく、ポジティブな経験となるでしょう。

5.3. ポジティブな体験を積み重ねる

シャンプーに対するポジティブな体験を積み重ねることが最終目標です。シャンプーが終わった後には、ご褒美や遊びの時間を設けることで、シャンプーが楽しいものと感じてもらうようにします。良い経験を重ねることで、徐々にシャンプーに対する抵抗がなくなります。

毎回のシャンプー後に特別なご褒美を用意するのも効果があります。例えば、お子様には好きなお菓子を与える、ペットにはお気に入りのおもちゃで遊ぶ時間を設けると良いです。リワードを与えることで、シャンプー後には良いことが待っていると理解するでしょう。

時間をかけてシャンプーに慣れさせることで、長期的にはストレスのないシャンプータイムが実現します。ポジティブな体験を繰り返すことで、シャンプーが日常の一部として、自然に受け入れられるようになります。継続して取り組むことが大事です。

6. シャンプー後のケアとブラッシングの重要性

シャンプー後のケアとブラッシングは、猫の健康を保つために非常に重要です。シャンプーだけでは取れない汚れや余分な毛を取り除くことができます。また、ブラッシングによって血行を促進し、皮膚の健康を保つ効果もあります。さらに、定期的なブラッシングは、毛玉の発生を防ぎ、猫の快適な生活をサポートします。シャンプー後のケアを怠ることなく、毎日のルーチンに組み込むことが大切です。

6.1. シャンプー後の猫の身体ケアの方法

シャンプー後の猫の身体ケアは、まずタオルドライから始めるのが基本です。タオルで軽く押さえるようにして、水分をしっかりと吸収させます。その後、自然乾燥または低温のドライヤーを使って完全に乾かします。ドライヤーを使う場合、猫が驚かないように、少しずつ距離を詰めることが重要です。

次に、耳や爪のチェックを行いましょう。シャンプー後は特に耳の内部が湿りやすいので、綿棒を使って軽く拭き取ります。爪もこのタイミングでカットしやすくなります。最後に、ブラッシングを行い、被毛を整えます。これにより、毛の絡まりを防ぎ、猫のストレスを軽減できます。

定期的な身体ケアを行うことで、猫の健康を維持することができます。また、身体ケアは猫と飼い主の絆を深める機会でもあります。お互いの信頼関係を築くためにも、シャンプー後のケアをしっかりと行うことが大切です。

6.2. ブラッシングで換毛期の毛玉対策

ブラッシングは換毛期の毛玉対策として非常に効果的です。まず、柔らかいブラシを使って、猫の被毛を優しくほぐします。ブラシを通す方向は、毛の流れに沿って行うことがポイントです。これにより、猫の皮膚に負担をかけずに余分な毛を取り除けます。

次に、固めのブラシを使って、下毛をしっかりと取り除きます。換毛期には大量の毛が抜けるため、頻度を増やしてブラッシングを行うことが重要です。ブラッシングの際には、猫がリラックスできる場所で行うと効果的です。

ブラッシングを定期的に行うことで、毛玉の発生を防ぐだけでなく、猫の毛並みを美しく保つことができます。また、ブラッシングは血行を促進し、皮膚の健康を保つ効果もあります。換毛期の毛玉対策として、ブラッシングを継続的に行うよう心がけましょう。

6.3. 被毛と皮膚の健康を保つアフターケア

被毛と皮膚の健康を保つためには、アフターケアが欠かせません。シャンプー後のブラッシングは、皮膚の血行を促進し、健康を保つために重要です。さらに、専用のコンディショナーを使うことで、被毛の柔らかさや光沢を維持できます。

次に、適切な栄養バランスのフードを与えることも大切です。被毛と皮膚の健康は、外部からのケアだけでなく、内部からの栄養供給によっても保たれます。特に、オメガ3脂肪酸やビタミンEを含む食品は効果的です。

また、ストレスを軽減することも重要です。ストレスが原因で毛が抜けたり、皮膚のトラブルが発生したりすることがあります。猫がリラックスできる環境を整え、適度な運動と遊びを提供することで、心身ともに健康を保つことができます。

このように、アフターケアをしっかり行うことで、猫の被毛と皮膚の健康を長く保つことができます。

7. シャンプーに適したおすすめの製品紹介

シャンプーを選ぶときには、成分や使用感、そして目的に応じた製品を選ぶことが大切です。シャンプーの質は髪や頭皮に大きく影響します。美容のプロが推薦する製品や、使用者の口コミを参考にすることで、より良い選択ができます。そこで、今回は特にお勧めしたいシャンプーをいくつかご紹介します。それぞれの製品の特長を理解し、自分に最適なシャンプーを見つけましょう。

7.1. 猫に優しい成分のシャンプー

猫用のシャンプーを選ぶとき、動物に優しい成分が含まれているか確認することが重要です。合成香料や防腐剤が含まれているシャンプーは猫の皮膚に刺激を与える可能性があります。天然成分をベースにしたものを選びましょう。例えば、アロエベラやティーツリーオイルは、猫の皮膚に穏やかな作用を持つためおすすめです。

ノンシリコンや低刺激のシャンプーを選ぶことで、猫のデリケートな皮膚を守ることができます。また、洗浄力が強すぎないものを選ぶことで、必要な皮脂を残して皮膚を乾燥から守れます。適切なシャンプーを選ぶことが猫の健康を保つために非常に重要です。

成分だけでなく、使用方法も重要です。シャンプーの量や洗い方、すすぎ方によっても、猫の皮膚と被毛に影響が出ることがあります。正しい方法で使用することで、より効果的に猫の皮膚ケアができるでしょう。

7.2. 皮膚トラブルを防ぐシャンプーの選び方

皮膚トラブルを防ぐためには、自分の皮膚タイプに合ったシャンプーを選ぶことが重要です。乾燥肌なら保湿成分が豊富なシャンプー、脂性肌なら皮脂コントロール効果のあるシャンプーが適しています。適切な成分を含むシャンプーを選ぶことで、皮膚トラブルを未然に防げます。

また、シャンプーの使い方も大切です。シャンプーを泡立ててから使うと、髪や頭皮に余分な摩擦を与えずに済みます。そして、しっかりとすすぎを行うことで、シャンプーの成分が残らずに済みます。

シャンプーの頻度にも注意が必要です。毎日シャンプーを使うと、必要な皮脂まで洗い流されてしまうため、2~3日に一度の頻度が理想的です。適切なシャンプーと使い方を心がけることが、健康な皮膚の維持につながります。

7.3. 人気のおすすめシャンプーランキング

様々なシャンプーが市場に出回る中で、どれを選べばいいか迷うことも多いでしょう。そこで、ユーザーに人気のあるおすすめのシャンプーをランキング形式で紹介します。これらのシャンプーは、高評価の口コミやリピート率が高い製品ばかりです。

まず第1位は、「アルガンオイル配合のナチュラルシャンプー」です。乾燥を防ぎ、髪をツヤツヤに保つ効果があります。次に第2位は、「ティーツリーオイル配合の敏感肌用シャンプー」です。この製品は、低刺激で頭皮にやさしい成分が特徴です。

第3位は、「ハーブエキス配合のオーガニックシャンプー」です。自然の力を活かしたシャンプーで、髪にボリュームを与える効果があります。これらのシャンプーは、使い心地や成分の良さがユーザーに高く評価されています。自分に合ったシャンプーを見つける参考にしてみましょう。

8. シャンプー以外のケア方法とその利点

シャンプー以外にも、さまざまな髪のケア方法が存在します。まず、ドライシャンプーは、シャンプーなしで髪を清潔に保つ方法です。また、シャンプータオルは、水を使わずに髪を拭き取ることができます。さらに、ノンウォータースプレーは、髪に軽い仕上がりをもたらします。これらの方法は、手軽で時間の節約になるうえ、髪の健康を維持する効果があります。忙しい日常の中で、これらのケア方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

8.1. ドライシャンプーの使い方と効果

ドライシャンプーは、まず髪全体に均一にスプレーします。次に、軽くマッサージして頭皮に馴染ませると、余分な油分と汚れを吸収します。最終的に、ブラシで髪を整えることで、清潔感が増します。ドライシャンプーの効果は、髪を洗う時間を短縮するだけでなく、髪を痛めずにボリュームを保つことです。また、外出先でも手軽に使える点も魅力です。特に、忙しい朝や旅行中には重宝します。

ドライシャンプーの利点として、髪の自然な油分を保ちながら清潔にする効果があります。毎日のシャンプーによる髪へのダメージを軽減できるので、健康的な髪をキープできます。さらに、夏の暑い日やジムの後など、汗でべたついた髪をすぐにリフレッシュできます。

8.2. シャンプータオルの活用方法

シャンプータオルは、まず袋から取り出し、髪に丁寧に押し当てます。このとき、頭皮全体にタオルをしっかりと巻き付けることが重要です。そして、優しく揉み込むようにして汚れを拭き取ります。その結果、水を使わずに、髪を清潔に保つことができます。

次に、シャンプータオルの利点として、水を使わないので、冬の寒い日や災害時など、水の供給が難しい状況で重宝します。また、年齢を問わず使用できるため、ご年配の方や体調不良時にも使いやすいです。さらに、持ち運びが便利なため、病院や旅行先でも活用できます。

8.3. ノンウォータースプレーのおすすめ商品

ノンウォータースプレーは、まず使用前にボトルをよく振ります。次に、髪全体に軽くスプレーし、手で髪を整えます。このとき、髪に均一にスプレーが行き渡るように心がけると、さらっとした仕上がりになります。ノンウォータースプレーの効果は、髪をリフレッシュさせるだけでなく、スタイリングを長持ちさせることです。

おすすめの商品としては、「○○ブランド」のノンウォータースプレーがあります。この商品は、軽い使い心地でべたつきを抑え、自然なボリューム感を保つのが特徴です。

また、「△△ブランド」のスプレーは、髪にしっとりとした潤いを与えながら、フレッシュな香りを楽しめます。ノンウォータースプレーは手軽に使えるため、忙しい日常でも簡単に髪のケアができます。

投稿者プロフィール

2匹の猫と暮らす もふこ
2匹の猫と暮らす もふこ猫ライター
猫2匹と暮らす猫ライターの「もふこ」です。
物心ついたころにはもう猫とずっと一緒に暮らしてきました。
もう猫がいない生活は考えられないほど猫好きな私が20うん年猫と暮らしてきた中で得た知識や面白猫情報などをお伝えできたらいいなと思っています!
当サイトの記事、およびイラスト、写真の無断転載は禁止です。

関連記事

おすすめにゃん

  1. 年が明け2023年、1月13日(金)から公演『新しい猫のミュージカル「CATsLa(キャッツら)」』…
  2. 2023年1月13日(金)、1月14日(土)、15日(日)公演『新しい猫のミュージカル「CATsLa…
  3. 株式会社V and Pが販売を行う、犬猫用サプリメント『アンチノール®』が、ペット雑誌購読者数No.…
  4. みなさんこんにちは! 前回のYoutube動画ご視聴いただけましたでしょうか? ミヤラジの益子さんと…
  5. 【♪たろう&りんちゃんのご家族 たろうさんより♪】 ⇒ たろうちゃん、りんちゃんのTwit…

ピックアップ記事

  1. 猫を使った健康本は、私たちの生活に驚くべき効果をもたらします。心身の健康から美容、視覚や認知機能の…
  2. 猫好きにはたまらないニュースが舞い込んできました! 限定商品、キャンペーンの「ファミリーマート×ヤ…
  3. 愛とスイートネスを象徴するバレンタインデーが近づく中、メリーチョコレートが繰り出す限定品の魅力に迫…
  4. 年末年始は、家族や友人との大切な時間を過ごすだけでなく、ゆっくりとした時間で自己啓発をする絶好の機…
  5. 『夜は猫といっしょ』×ホテルニューオータニ コラボ宿泊プラン販売期間延長決定! 2023年1…
ページ上部へ戻る