フランス人アーティスト、ニコラ・ビュフ氏による 「猫デザインの帯」  フランス大使公邸にて開催された ピエール・エルメ・パリ秋冬新作発表会でお披露目

main
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

株式会社はかた匠工芸は、同社の親会社である日本和装ホールディングス株式会社と共同で、フランス人アーティスト、ニコラ・ビュフ氏による「猫デザインの帯」を創作し、2016年9月15日(木)にフランス大使公邸にて開催された高級パティスリーブランドの「ピエール・エルメ・パリ秋冬新作発表会」でお披露目しました。

img_112385_1

参考URL: http://nicolasbuffe.com/ja/

今回の帯に描かれている猫のデザインは、ピエール・エルメ×ニコラ・ビュフのコラボレーションのベースにあるストーリー「太陽と月の王国のものがたり」の中に登場するキャラクターです。ピエール・エルメ・パリの商品のパッケージなどにも採用されており、和装の代表アイテムである帯との「異色」のコラボレーションに注目が集まりそうです。

img_112385_5 img_112385_4

発表会の当日は、モデル2名が、猫の足跡を模した「紋」をつけた黒留袖にこの帯を結びましたが、パーティの参加者からは「かわいい」「ディテールへのこだわりが感じられる」との声が多数あがり、人気を集めました。

img_112385_2

博多織の技術を活かして製作された帯は、ブラックとホワイトのリバーシブルで、TPOや着物の色に応じて一本で、使い分けができます。なお、このデザインの帯の発売や和装品への展開は未定です。

<アーティスト、ニコラ・ビュフ氏のコメント>
今回のデザインの猫は、ピエール・エルメ×ニコラ・ビュフのコラボレーションのベースにあるストーリー「太陽と月の王国のものがたり」の中で、時に主役級の存在感を出す重要な役割を果たすキャラクターです。帯は着物にとって主役ではないかもしれないけれど、とても重要な役割であることに通じます。また、ストーリー中でこの猫は、愛し合う二人を救ったりするなど「人と人を“結ぶ”」役目も果たします。帯も“結ぶ”ものです。ここにもリンクがあります。着物や帯は日本の素晴しい伝統であり、財産だと思います。もっと身近に感じてもらうためにも、多くの人に人気があり、親しみやすい猫のキャラクターを帯のデザインにしました。

<参考ホームページ>
http://nicolasbuffe.com/ja/

当サイトの記事、およびイラスト、写真の無断転載は禁止です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめにゃん

  1. mantaro3
    【♪万太郎ちゃんのご家族より♪】 おやつ待ち〜 ワクワク ⇒ 万太郎ちゃんのTwitte…
  2. musashi
    【♪Musashiちゃんのご家族 anzu ‏さんより♪】 2015.4.21生のMusashi♂…
  3. unitaro01
    【♪うにたろーちゃんのご家族 よーこ@1-10さんより♪】 蝶ネクタイにゃんだぞ ⇒ うにた…
  4. hosaku
    【♪豊作&諭吉&金太郎ちゃんのご家族 猫らぶ一家の末っ子金太郎です さんより♪】 豊作(ほうさく♀…
  5. police
    【きち&にこ&社長ちゃんのご家族 そらにゃん さんより】 やっと手に入れました(*≧∀≦*)我が家…

ピックアップ記事

  1. nekotoinu
    写真展にあわせて岩合光昭写真集『ねこといぬ』を刊行!人気のねこ写真展も全国12会場で開催♪ 昔…
  2. tr
    【トラベルコ】2017年11月の海外ツアー検索人気ランキングを発表!人気の旅行先にまで影響する、ニャ…
  3. tit
    株式会社BACON(べーこん)は、ギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」(東京都浅…
  4. pochiya
    旅猫雑貨店で開催中!「元祖ふとねこ堂個展 猫国ぽち屋」 先日もモフーでお知らせさせていただいた、豊…
  5. ongakusai
    ニャン吉写真展×猫の音楽会 2018年3月10・11日(土・日)兵庫県神戸市 多目的ギャラリー …
ページ上部へ戻る