フランス人アーティスト、ニコラ・ビュフ氏による 「猫デザインの帯」  フランス大使公邸にて開催された ピエール・エルメ・パリ秋冬新作発表会でお披露目

モグニャンキャットフード
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

株式会社はかた匠工芸は、同社の親会社である日本和装ホールディングス株式会社と共同で、フランス人アーティスト、ニコラ・ビュフ氏による「猫デザインの帯」を創作し、2016年9月15日(木)にフランス大使公邸にて開催された高級パティスリーブランドの「ピエール・エルメ・パリ秋冬新作発表会」でお披露目しました。

img_112385_1

参考URL: http://nicolasbuffe.com/ja/

今回の帯に描かれている猫のデザインは、ピエール・エルメ×ニコラ・ビュフのコラボレーションのベースにあるストーリー「太陽と月の王国のものがたり」の中に登場するキャラクターです。ピエール・エルメ・パリの商品のパッケージなどにも採用されており、和装の代表アイテムである帯との「異色」のコラボレーションに注目が集まりそうです。

img_112385_5 img_112385_4

発表会の当日は、モデル2名が、猫の足跡を模した「紋」をつけた黒留袖にこの帯を結びましたが、パーティの参加者からは「かわいい」「ディテールへのこだわりが感じられる」との声が多数あがり、人気を集めました。

img_112385_2

博多織の技術を活かして製作された帯は、ブラックとホワイトのリバーシブルで、TPOや着物の色に応じて一本で、使い分けができます。なお、このデザインの帯の発売や和装品への展開は未定です。

<アーティスト、ニコラ・ビュフ氏のコメント>
今回のデザインの猫は、ピエール・エルメ×ニコラ・ビュフのコラボレーションのベースにあるストーリー「太陽と月の王国のものがたり」の中で、時に主役級の存在感を出す重要な役割を果たすキャラクターです。帯は着物にとって主役ではないかもしれないけれど、とても重要な役割であることに通じます。また、ストーリー中でこの猫は、愛し合う二人を救ったりするなど「人と人を“結ぶ”」役目も果たします。帯も“結ぶ”ものです。ここにもリンクがあります。着物や帯は日本の素晴しい伝統であり、財産だと思います。もっと身近に感じてもらうためにも、多くの人に人気があり、親しみやすい猫のキャラクターを帯のデザインにしました。

<参考ホームページ>
http://nicolasbuffe.com/ja/

当サイトの記事、およびイラスト、写真の無断転載は禁止です。

関連記事

おすすめにゃん

  1. Mofooのchristmas2019プレゼント
    Mofooが今年ラストをしめくくるプレゼント企画!Twitter、Instagramのフォロワーさん…
  2. 「多田すみえ猫展」5月24日(木)~5月29日(火)まで 元麻布ギャラリー平塚にて開催! 3月…
  3. 【♪たろう&りんちゃんのご家族 たろうさんより♪】 ⇒ たろうちゃん、りんちゃんのTwit…
  4. 【♪万太郎ちゃんのご家族より♪】 おやつ待ち〜 ワクワク ⇒ 万太郎ちゃんのTwitte…
  5. 【♪Musashiちゃんのご家族 anzu ‏さんより♪】 2015.4.21生のMusashi♂…

ピックアップ記事

  1. Mofooが2020(にゃおにゃお)年猫の日(2月22日)に向けてプレゼント企画を発動! Twitt…
  2. コンビニなどでおなじみの、ハズレなしキャラクターくじ最新作として、『一番くじ 美少女戦士セーラームー…
  3. 肉球メイクブラシセット
    お仕事中も、学校でもふと思い出す愛猫のこと…。 はあ…会いたいなあ。会いたいよおウワァァ-----。…
  4. ネコリパブリック
    保護猫カフェ「ネコリパブリック」や、猫助けができるブランドショップ「NECOREPA/」、保護猫イベ…
  5. 8月8日は世界猫の日、Mofooでは日頃の感謝を込めて 夏のご挨拶に人気の「おちゅ~る元」と「Mof…
ページ上部へ戻る